4.専門性、継続性を支えるための取り組み

 

@ 輪番制の理事会とボランティアの専門委員会

1.担当理事が専門委員会に参加し、委員会が毎月の理事会に報告し、必要に応じ承認を受けることにより意思疎通を図っている。

2.毎年数人の理事さんが任期終了後も委員として残留。

A 理事会運営での工夫

1.新任予定理事が12月から理事会にオブザーバ参加している(実質任期17ヶ月)。

2.新任理事研修会と引き継ぎ会を2回実施している。

3.前年度理事長を含む3幹事をおき、理事会の運営の継続性を見守っている。

4.理事会資料、委員会資料などをファイルと電子ファイルに残して引き継いでいる。

B 専門委員会の活動実績

長期修繕委員会:1999年度以降継続  長期修繕計画案作成、大規模改修工事など計画修繕工事の監理

植栽・環境整備委員会:2001年度以降継続  植栽計画、植栽維持管理及び環境改善提案

運営問題検討委員会:2004年度以降継続  規約改正等立案、高齢化時代の運営検討

    役目を終えた委員会:規約委員会、駐輪・駐車場委員会、インターネット小委員会